BlenderNote - Properties パネル

Blender Version
2.68
OS
Windows
Last Update

Blender/3D View/View/Properties[N]
各メニューの右上にある斜線をドラッグ=順番の入れ替え
パネルを反対側に移動=カーソルを乗せた状態で[F5]

Background Images 下絵

背景に表示される画像を設定する。メタセコイアでいう下絵に相当する
画像の表示位置と大きさは細かく設定する必要があるでしょう。

Axis:
下絵が見える方向をあらわす。普段は不可視。
numpad1~10で対応した方角を押したときだけ表示される
Opacity
画像の明るさの指定
Back/Front
表示位置をオブジェクトの背面か、前面かを選択する
X: Y:
画像の表示位置を、global座標で指定
Size
画像の大きさ

Vertex Weights

editmode。Active Vertexに設定されたWeightを全表示する。
複数のWeight値が設定されている場合、Weight Paint Modeより編集しやすい

All
全頂点グループ
Deform
変形ボーンに割り当てられた頂点グループ
Other
変形しないボーンに割り当てられた頂点グループ

Delete

Active Vertexに設定された、Weight一つを削除する。
Weight=0ではなく、削除できるので便利
削除とは反対にboneの追加は不可能。
別のmeshから、weightsをコピーしてくる必要がある

Copy

active vertexに設定されたWeight値一つを、select vertexにコピーする。
Select vertexがない場合何もしません。

active vertexとselect vertexをおさらいします
デフォルトの設定の場合、以下のように表示されます
active vertex=白,select vertex=黄色

Normalize

Active Vertexに設定されたすべてのWeight値を、合計が1になるように加算減算します。
Weight値の合計が100にならない場合は、実行しておいたほうがよいと思います

Measure

対象と対象の距離を測る
デフォルトでは3dCursorとmeshの距離
editmode->vertexを二つ選択->Update selection&distanceで
距離を表示
Draw distance 距離を描画