BlenderNote - AスタンスとTスタンス

Blender Version
2.69
OS
Windows
Last Update

AスタンスとTスタンスの比較

キャラクターモデリングのデフォルトポーズは、一般的にAスタンスとTスタンスがあります
これらは、そのポーズがビジュアル的にアルファベットの"A"と"T"に近いため命名されました

Aスタンスとは

Aスタンスは手をななめ45度程度広げ、足も少し開脚させ、バランスよく立たせます
このスタンスはプロのモデリングではポピュラーなポーズです

このスタンスの長所は人間の自然なポーズに近いというところで、一般的なポーズではあまりmeshの形状がはじょうしません
万歳といった手を上に大きく上げるポーズで、肩の部分が大きくはじょうします。
しかしあまり使わないポーズなのであまり問題になりません

短所はTスタンスと比べ、モデリングが難しくなります
腕をななめ45°に傾けるため、水平に比べて難易度が上がり、腕の正確な長さを把握しづらくなります
足もやや開脚するため、同上となります

総合して腕と手の形状と長さが狂いやすくなります

Tスタンスとは

TポーズはTの形、まああえて例えるならキ○ストの磔のようなポーズに近いですね・・・
腕を大きく開き、手のひらを正面に向けます

このポーズは腕をX軸に水平、足をZ軸に水平にさせるため、長さと形状が正確にできます
腕が長すぎたり、手が大きすぎるということは減るでしょう

総じてモデリングの方は良いのですが、ポージングで問題が出ます
自然なポーズをとろうとすると、手のひらを内側に向け、腕を70°くらい下げることになるので、
肩から手首にかけてmeshがねじれてしまうことになります

そのほか

Tスタンスだが、手のひらを地面に向けるというポーズがあります
AスタンスとTスタンスと中間的な使い道となります

MMDではよくあるスタンスで、おそらくA>中間>Tの順番にポピュラーだと思います